二世帯住宅・住宅建築家とともに家・住宅をつくる・住宅建築家のヨメとしての想い・工事途中で設計変更した場合など

大阪 住宅建築家「中村一幸」建築設計事務所・生活設計ブログ「住宅設計・家・住まい・はじめの第一歩」

自らが主役になって建築家とともに家づくりをすることが出来ます。
あなたはどんな風に家づくりをしたいですか?

住宅建築家のヨメがプロの設計事務所とは違う視点から、住宅建築や住まい・暮らしの情報などを発信していきます。そして「住宅建築家のヨメとしての想い&日々是好日 」で日常の気づきを綴っていきます。

住宅建築家「中村一幸」は真面目かつ真剣に
住宅建築・家・住まいを考えます。
年間光熱費12万円以下! 超省エネ住宅をつくる 大阪住吉区・日本プランニング1級建築士事務所のサイトお問い合わせは左記へ耐震関連は右記をクリックしてください。 命を守る家・住まいの設計・住宅の耐震改修・制震構造(大阪・京都・奈良・兵庫)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
亀裂に注意・・・あなたの家の塀や壁が通行人を襲う可能性が!?
  
 住宅の「防  災」「防  犯」
JUGEMテーマ:地域/ローカル


  

★あなたの家の塀、壁などに目で見えるひび割れはありませんか?

阪神大震災前後から以降、大きく揺れる地震が多くなっています。
25〜30年前までは、今のように毎年に近い状態でで大きな揺れが
起こるということはなかったように思います。

現在は、いつどこで大きな揺れが起こるかわからない地震の活動期に
入っていると報道されています。

そんなときに家の塀や屋根・壁が、建築に素人のかたが目で見ても分かるぐらいに、ひび割れをしていると大変危険です。

そこに住んでいる人はもちろん、偶然そこを通りかかった人にそれらが襲い掛かってくるかもしれません。また、あまりにも、ひび割れの状態がひどいと地震でなくても、崩れ落ちる可能性があります。

たとえ建物や住んでいる人が無事であっても、他の人が自分の家の一部のせいで
他人が傷ついたり、命を落とすということでは後悔してもしきれないだけではなく、場合によっては補償などの費用が発生する可能性もあります。

そんなことにならないように、目で見て分かるぐらいのひび割れは、すぐに修理をされるようお願いを申し上げます。あなたやあなたの家族だけではなく、その側を通る人の命を守るために!!

そしてあわせて住宅自体の耐震診断をされることをお奨めいたします。
特に昭和50年代以前の建物にお住まいのかたは必ず一度はされるほうが良いと思います。(建築基準法においての耐震基準が今とは、かなり違っております)

そして目で見てわかるぐらいのひび割れや傾きがある建物は耐震診断とともに
耐震改修をお奨めいたします。
| 住宅建築家のヨメ | 住宅の「防   災」「防   犯」 | 15:38 | comments(0) | - |
えっ! 通行中に地震が起こったら・・・・危なくて恐ろしい壁!!
JUGEMテーマ:ニュース

  
 住宅の「防  災」「防  犯」


日々、自転車のペダルをこぎながら通っている自転車道つき歩道。
先日、自転車を走らせながら、そのとき通っている道の横にある学校の壁に目が行ってしまった。確かめるために自転車から降り近づいていくと、やっぱりそれは、そこにあった。

深く長い壁の亀裂がそうだった。

その壁を注意深く見ていくと何箇所もひび割れがあり、箇所によってはコンクリートが削られ、本来見えるはずのない鉄筋がむき出しになっていた。



一番、ゾッ!としたのは、壁の一番上から亀裂が入っているところを見つけた時。
その壁はどう見ても2mはありそうで、また3mぐらいありそうな所もあった。
もし、ここを通っている時に阪神大震災よりも上のクラスの地震といわれている中国四川省の地震なみの揺れが来たとき、間違いなく壁が崩れその下敷きになるなろうなと思った。
内側に崩れた場合は校庭なので、生徒が被害に遭うだろうし。。。。
マスコミは中国の地震で学校が倒壊して多数の生徒が被害にあったのを他山の石としなさい。果たして日本の学校は大丈夫なのか・・と。



学校のの壁の亀裂は、例外で大多数の学校は大丈夫なのだろうか。
また、全国の学校の校舎の耐震診断・耐震改修も遅遅として進んでいないと聞く。
学校の壁以外にも、一般住宅の塀なども大きな地震が来たら倒れてきそうなところがある。自宅にいるときばかり地震が起こるわけではないので、道を歩いたり、自転車を走らせているときには、なるべく危険な箇所は避けて通るほうがよさそう。
これをご覧のみなさまも自宅以外で危険な箇所がないかどうか、一度注意深くチェックをされたほうが良いのではないでしょうか。
特に学校に通われているお子様をお持ちの方は通学路を今いちど確認されておくことをお奨めいたします。


| 住宅建築家のヨメ | 住宅の「防   災」「防   犯」 | 15:40 | comments(0) | - |
地震に対して家の弱点を調べます。
  
 住宅の「防  災」「防  犯」

新しい年を迎え、今年一年の計画や夢などを誓った1月もあと4日で終わり、節分やバレンタインデーのある2月になります。

慌しいままで過ぎ去ったような感じがする1月ですが、地震はこの期間でも各地を揺らしていました。

関西地方、特に大阪は大きな地震は来ないと思われていたことが、阪神大震災により関西も地震とは無縁ではないという考えが広まりました。

そして今年に入ってからでも各地で地震が起こっています。

ここで、これをご覧の皆さまにお尋ねいたします。

「あなたの住まわれている家は地震に対して、どんな弱点があるかご存知でしょうか?」

特に昭和56年5月31日以前に建築された家の住まい手の方は、建物の老朽化などで、地震に対してさまざまな弱点があると思われます。

家のどの部分に弱点があるのかを調べるのが「耐震診断」です。

それを知った上で、きちんと対策(耐震改修)をされるのとされないのとでは天と地のほどの差があります。

大阪市では耐震診断・耐震改修を補助する事業があります。

詳しいことは日本プランンニング一級建築士事務所まで、ご連絡・お問い合わせなさってください。
| 住宅建築家のヨメ | 住宅の「防   災」「防   犯」 | 22:50 | comments(0) | - |

新しい住宅の発見・家族とともに成長する住宅・建築家とともに・夫婦の住宅

建築家による大阪・和みの住宅・建築家によるデザインされた住宅・品の有る住宅・帰りたくなる住宅・笑顔が増える住宅を建築設計
(住宅設計建築)大阪在住建築家の妻ブログ 住宅・建築・設計・二世帯住宅・夢の住宅・希望の住宅・こだわりの住宅・個性的な住宅・光と風を取り込む住宅
住宅建築家の妻
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
家族と健康にやさしい住まい―家づくりは夢づくり
家族と健康にやさしい住まい―家づくりは夢づくり (JUGEMレビュー »)
田中 恒子, 大江 忍, 今井田 崇, 福田 啓次, 栗木 成治, 深谷 元継
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 住宅建築家
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE